エストロゲン分泌が不十分な年代は膣の自浄作用が低下して感染しやすい

性器の炎症は、外陰・膣の炎症、骨盤内(子宮、付属器、骨盤腹膜)の炎症に大別され、外陰部とその周辺の炎症を外因炎といい、膣の炎症を膣炎といいます。この二つは外陰炎と膣炎は合併することが多いため、あわせて外陰血膣炎といいます。

外陰膣炎は、おりもの、屎尿による汚染、生理用品等による刺激など何らかの原因により常在菌の繁殖が起こり、原因微生物が特異的でない「非特異性」のものと、淋菌、クラミジア、カンジダ、トリコモナスなど原因微生物が特異的な「特異性」のものがあります。

婦人科では、性器の入り口である外陰・膣→子宮→付属器→骨盤腹膜と感染部位がだんだんと上に上がっていくものを「上行性感染」といい、女性の性器の炎症の大半が上行性感染となっています。

通常、健康な女性の子宮と膣には上行性感染を防ぐためのブロック機能が働いています。例えば、膣内は病原体の増殖を防ぐために常に酸性に保たれています。また子宮頚管は、分泌液である頚管粘液がIgAに富んでおり、黄体期になると粘度が高くなり、病原体の侵入を防いでいます。子宮内膜は周期的な再生と剥離を繰り返すことにより、病原体が排出されます。

膣の状態や感染に対する抵抗力は年齢によって変化するため、膣炎を起こす病態も異なってきます。小児期はエストロゲン分泌が不十分なため、膣内の自浄作用が弱くなります。そのため膣内の状態は極めて感染に弱く、膣内への便・異物などの混入、大腸菌などに感染します。

性成熟期はエストロゲン分泌が十分なため、膣内の自浄作用が機能しています。しかし、セックスの機会が一番多い年代ですので、さまざまな病原体に感染に曝露され、性感染症の感染リスクは最も高くなっています。老年期はエストロゲン分泌が不十分で、膣の自浄作用が極めて弱いため、膣内の常在菌が繁殖しやすい状態にあります。

骨盤内臓器(子宮、卵巣、卵管、骨盤腹膜など)の感染症は併発することが多いため、感染部位を限定することは難しく、骨盤内の感染症をまとめて「骨盤内炎症性疾患(PID)」といいます。主なPIDは子宮内膜炎、付属器炎、骨盤腹膜炎などが含まれ、多くは上行性に感染が拡がります。

主症状としては、下腹部痛や内診による圧痛、発熱、白血球の増加などの炎症反応を示しますが、PIDと確定診断がつかない場合も多いので注意が必要です。PIDのハイリスク群は性成熟期の女性だけでなく、過去に婦人科系手術歴のある人も該当するため、患者層は幅広い年代にわたっています。