子宮筋腫は40歳代の女性の4人に1人が発症する婦人科では一般的な病気

子宮の筋肉に硬い腫瘍ができる病気を子宮筋腫といい、30歳代以上の女性の発症頻度が高くなっています。厚生労働省が行った調査では40代の女性の4人に1人が子宮筋腫だというデータもあります。

筋腫は米粒大の小さなものから大人の頭のサイズになるものまでさまざまです。腫瘍の個数も1つだけではなく、最大で何十個もの筋腫ができることもあります(多発性筋腫)。

腫瘍といっても子宮筋腫は良性ですので、腫瘍が直接的な原因で命を左右するような事態になることはなく、自覚症状がほとんど現れないことも少なくありません。

しかし、筋腫によっては、激しい月経痛をはじめ、月経出血量の増加、不正出血、出血を原因とする貧血や倦怠感、息切れなどの症状が現れます。筋腫が大きくなり周囲の組織を圧迫すると、頻尿、下肢のむくみ、腰痛を起こすこともあります。また筋腫のできる場所によっては、不妊の要因になることもあります。

子宮筋腫の発症メカニズムは解明されていませんが、エストロゲン(女性ホルモン)の影響で筋腫が大きくなり、閉経してホルモン量が低下すると筋腫も小さくなることはわかっています。

月経痛や出血量に異変を感じた場合には、婦人科を受診しましょう。腹部のエコー検査で筋腫が発見されるケースも少なくないので、勤め先や自治体の健診などで定期的に診てもらうようにしましょう。

子宮筋腫がそれほど大きくなく、自覚症状もほとんどない場合、あるいは年齢が閉経に近く自然に筋腫が小さくなると考えられる場合には、治療の必要は鳴く経過観察となります。筋腫は時間をかけて少しずつ大きくなるので、医師の指示に従って、定期的に検査を受けるようにしましょう。

筋腫が大きくなり、月経痛や不正出血などの症状が重くなってきた場合には、薬物療法や手術療法が行われます。手術は、妊娠・出産の可能性を考えて子宮を温存し、筋腫だけを取り除く「子宮筋腫核出手術」と、子宮を全部摘出して根治させる「子宮全摘手術」があります。前者は再発の可能性が残り、後者は子供が持てないというデメリットがあります。