子宮内膜症は月経の都度、病巣が増殖するため、月経痛や出血量が重くなります

子宮内膜は本来、子宮の内側の粘膜ですが、何らかの理由でその組織が子宮内腔以外の場所に発生し、月経集に合わせて増殖と剥離を繰り返してしまう病気が、子宮内膜症です。

一言で言い表すならば、月経が子宮内腔以外の場所で起きている状態です。子宮内膜症が最も起こりやすいのは子宮の周囲や卵巣で、剥離した組織や経血が周囲の臓器と癒着することで、さまざまな症状が現れます。

子宮内膜症の発症頻度が高いのは30~40歳代とされていますが、近年は20歳代での発症も増えつつあります。子宮内膜症は、不妊や流産につながることもある病気ですが、早期に治療を行えば妊娠に影響が及ぶのを避けることができます。将来、出産を考えている人、月経が重くなってきている人は早めに婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症の代表的な症状は強い月経痛と、過多月経です。月経の都度、病巣が増殖するため、だんだんと月経痛や出血量が酷くなるのが特徴です。周囲の臓器との癒着や炎症がある場合、不正出血や下腹部痛、発生場所によっては腰痛や性交痛が現れることもあります。

現代医療では子宮内膜症を発症する明確な原因を解明するには至っておらず、月経のある女性、特に月経の回数が多い女性ほど発症リスクも高くなっています。現代の女性は妊娠・出産回数が少ないため、昔の女性と比較して月経の回数は5倍程度増えているとされています。

子宮内膜症の治療ですが、初期で症状が軽い場合は、鎮痛薬や漢方薬で症状を和らげます。この対症療法で症状に改善がみられない場合は、内膜組織の増殖を抑えるホルモン療法を行います。しかし、ホルモン療法には更年期症状や骨料亭か、貧血などの副作用があるため、治療期間が限定されます。

月経痛などの症状が重い場合、卵巣がんのリスクがある場合は、手術療法が採用されます。手術には子宮や卵巣を残して病巣だけ除去し、出産の可能性を残す保存的手術と、子宮や卵巣、卵管を摘出する根治手術があります。保存的手術を選択した場合、術後に1割の患者さんで再発が認められるため、定期的な検査が欠かせません。