薬の服用で月経困難症の不快症状が改善しない場合、子宮内膜症や子宮筋腫などが疑われます

腹痛や腰痛など月経によるさまざまなつらい症状をひとくくりにして「月経困難症」といいます。月経困難症の原因としては、病気が関係していない機能性月経困難症と、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が関係している器質性月経困難症があります。

機能性月経困難症は月経の1日目、2日目にみられ、妊娠を経験していない若い女性に多くみられます。症状を改善する効果のないプラセボ(偽薬)でも何割かの患者に症状の改善がみられることから、月経に対する不安やストレスなどによる心因性のケースも少なくないとされています。

数ある症状のなかでも最もつらいのが月経痛ですが、その原因は子宮内膜で生成されるプロスタグランジンと考えられています。月経を迎えると、プロスタグランジンが遊離して子宮が強く収縮し、子宮筋への血流が途絶えて虚血状態になるため、痛みが生じるのです。

さらにプロスタグランジンには知覚神経を過敏にする働きもあるため、痛みがより一層強く感じられます。また血液中にプロスタグランジンが入ると、吐気、嘔吐、頭痛、倦怠感、情緒不安定なども引き起こします。

治療にはプロスタグランジンの合成阻害剤が処方されますが、症状が現れる前の段階で服用すると、効果は更に高まります。依存が心配で、痛み止めを必要以上に避ける方も少なくありませんが、症状が現れる月2~3日の服用で依存体質になることはまずありません。

薬を服用しても痛みが緩和されない、あるいは痛みが増すような場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などによる月経困難症が考えられますので、産婦人科で医師の診察を受けましょう。

周期的な月経のある女性の半数は、月経前の何日間にわたり下腹部痛、腰痛、倦怠感、便秘、下痢、頭痛、情緒不安定などの体調不良を訴えます。こうした月経前の不快な症状は月経前症候群(PMS)といいます。

下腹部痛や腰痛などの不快な症状には、月経困難症と同様にプロスタグランジンが関係している考えられており、憂鬱、イライラなどの情緒不安定には、性ホルモン(黄体ホルモン)のバランスが崩れたり、神経伝達物質であるセロトニン系の異常などが関与しているとれています。

PMSへの治療法は確立していませんが、ストレスの発散、生活習慣(食事・運動)の改善、アルコール、タバコの制限などで症状が和らぐこともあります。薬物療法は対症療法としては利尿剤、頭痛薬などが処方されます。ホルモン療法としては経口避妊薬、排卵抑制剤などがあります。