STD(性感染症)は正しい知識があれば予防できます

女性は自覚症状に乏しいためパートナーも感染させやすいクラミジア

放置すると不妊症の原因になる

性行為によって感染する病気をSTD(性感染症)といい、性交渉を持つ頻度が高い10代後半から20代半ばまでの若い世代に流行しています。STDと聞けば、多くの方がHIV(ヒト免疫不全ウイルス)によるエイズ、あるいは若者を中心に感染が拡大しているクラミジアなどを想像すると思いますが、他にも淋菌感染症、膣トリコモナス症、性器カンジダ症、梅毒、C型肝炎など多くの種類があります。

肝炎が性感染症にカテゴライズされるのは、違和感を感じるかもしれませんが、血液や精液、膣液などに潜んでいる肝炎ウイルスは性交渉で感染するため、性感染症に分類されているのです。性感染症の病原体は、ウイルス、細菌、クラミジアのほか、マイコプラズマ、真菌(カビの一種)、原虫、寄生虫などさまざまです。

厚生労働省の調査によると、これら性感染症の中でも特に若者の間で感染者が増加傾向にあるのが、クラミジア感染症です。衛生状態が現在ほど良くなかった昔、クラミジアは目の結膜炎(トラコーマ)の原因菌としても知られていました。現在では、眼瞼結膜と同じ円柱上皮が存在する尿道や子宮頚管、そしてオーラルセックスにより咽頭に感染する性器クラミジア感染症が増えてきています。

クラミジアに感染すると、男性では1~3週間くらいの潜伏期間がたってから尿道炎や精巣上皮炎を発祥し、尿道から膿のような分泌液が出てきます。クラミジアに感染していても症状がまったく現れない男性も少なくなく、無症状の20歳代の男性であっても、5%程度は性病の検査を受けるとクラミジアの陽性反応が出るとされています。

一方の女性は、同じくらいの潜伏期間を経てから子宮頚管を起こし、おりものが増加します。炎症がだんだんと上部に移ると骨盤腹膜炎となり、下腹部痛が現れたり、炎症が原因で骨盤内臓器が癒着し、不妊症になることもあります。妊婦が感染すると、流産や早産の原因となったり、産道感染で出産時の赤ちゃんに結膜炎、肺炎を起こしたりします。

性器クラミジア感染症の感染者数が増加している一因は、女性で特に症状が現れにくいため、感染に気がつかないまま、パートナーに感染させてしまうことです。男性は、排尿時の痛みや違和感など軽い尿道炎の症状で、泌尿器科を受診してクラミジアと診断されることが多いため、治療を受けている男性は比較的多くなっています。

しかし女性の感染者に現れる子宮頚管炎は、約20~50%の人しか明確な自覚症状が現れないとされています。風邪などで体調を崩したときなどにはっきりとした症状が現れて初めて、婦人科を受診して性器クラミジア感染症と診断されているのが現状です。

体の抵抗力が低下すると再発しやい性器ヘルペス感染症

男性の症状は比較的軽い

性器ヘルペス感染症は単純ヘルペスウイルスの感染で発症します。感染すると、感染部位に非常に強い痛みが出ます。また症状が治まっても、風邪やストレス、抗生物質の服用などで体の抵抗力が低下すると再発を繰り返します。

ヘルペスウイルスを口や外陰部に持っている人からも、接触感染します。潜伏期間は2~10日くらいで、主症状はかゆみや違和感のある水泡が現れます。水泡は潰れると潰瘍になり、強い痛みが出ます。太ももの付け根のリンパ節が貼れて高熱が現れることもあります。

ウイルスは神経を伝って、腰仙髄神経節などに潜伏しています。健康な時は問題ありませんが、抵抗力が低下すると神経を伝って皮膚や粘膜に再び潰瘍をつくります。再発時の症状の程度は、初めて発症したときよりはだいぶ穏やかですが、それでも痛みはあります。

出産間近の妊婦が感染すると、新生児にも感染するリスクがあります。そのまま出産すると20~30%程度の死亡率があるので、帝王切開が行われます。

性器ヘルペス感染症の感染者も男性よりも女性のほうが多くなっています。この差は女性生殖器官の構造からきています。男性は尿道に感染するので、尿が病原体を洗い流しています。また症状が出やすいため、早い段階で泌尿器科で治療を受けることができます。

一方の女性、病原体が膣に感染して、そこに留まりやすいこと、感染面である膣内腔の面積が広いこと、自覚症状が現れにくいため、本人が知らない間にパートナーに感染を拡げてしまうのです。

女医のみが診察を行う女性専門外来を設置する医療機関も登場

患者にとって女医は話しやすい

男性と女性では病気の種類が違うだけでなく、同じ病気でも症状、その現れ方、薬に対する反応などでも大きな違いがあることがわかってきました。

女性で明確にわかっていることは、女性ホルモン(エストロゲン)が働いている時期とそうでない時期によって、発症しやすい病気とその症状、治療法が異なるということです。

例えば、エストロゲンが働いていると肝臓での薬の代謝が遅れるため、月経前には薬の効果が強く出ることがあります。抗生物質、抗不整脈剤、抗精神病薬で不整脈の出現頻度が高くなったり、抗凝固剤で出血しやすくなったり、月経量が増加するなどします。

男女の症状の違いでは、心筋梗塞の起こり方を例に見てみましょう。男性の場合、前触れもなく激しい胸痛がやってきますが、女性ではそれほど強くない胸の痛み、息切れ、疲労感が出る程度です。しかし心筋梗塞後の死亡率では女性のほうが高い傾向にあります。

このような違いがあるにもかかわらず、従来の医療は男性に適用する基準をそのまま女性にあてはめて行われてきました。90年代にアメリカで女性には男性と異なる医療が必要という「性差医学」のコンセプトが誕生し、ようやく女性にあった医療が展開されるようになってきたのです。

日本でも現在、400以上の女性専門外来が誕生しています。女性専門外来では、更年期疾患を診察する婦人科、内分泌・代謝などを診察する内科、乳腺疾患を診る乳腺外科、皮膚疾患や美容外科などの皮膚科や形成外科などが対応しています。大都市圏の医療機関では複数の診療科の医師のすべてが女性のところも出てきており、女性患者が受診する際のハードルが低くなっています。